転入、転出、転居など

2001年9月14日

住民記録の届出

 住民記録によって、住民基本台帳が作られます。この台帳は選挙人名簿や国民健康保険、国民年金、その他町民の皆様に関する様々な事務処理の基礎となる公簿です。

 窓口に届出に来られる方の本人確認が必須になりました。公的機関が発行した顔写真付きの身分証明証「運転免許証か、パスポート+住所が分かる書類など」をご持参してください。

1.錦町に引っ越してきた時 ⇒ 転入届

 新しく住所を定めた日から14日以内に届け出て下さい。次のものが必要です。

 ・ 印鑑
 ・ 転出証明書(前住所地で交付されたもの)
 ・ 国民健康保険証、年金手帳、障害者手帳…該当者のみ

【外国から転入する場合】

 ・パスポート(転入者全員分が必要です。)
 ・戸籍全部(一部)事項証明と戸籍の附票(本籍が錦町以外の方)
 ・届出人の認印



2.町外へ引っ越すとき ⇒ 転出届

 転出する前日までに届け出て下さい。以下のものが必要です。

 ・ 転出届(届出が済んだら、転出証明書を交付します)
 ・ 印鑑
 ・ 印鑑登録証、国民健康保険証・・・該当者のみ
 ・ 転出先の住所及び世帯主氏名

3.町内で住所が変わった時 ⇒ 転居届

 転居した日から14日以内に届け出て下さい。次のものが必要です。

 ・ 印鑑
 ・ 国民健康保険証、後期高齢者医療保険証、介護保険被保険者証・・・該当者のみ

4.世帯主の変更や世帯の分離・合併があったとき

 変更のあった日から14日以内に届け出て下さい。次のものが必要です。

 ・ 世帯主変更届、世帯合併届、世帯分離届
 ・ 印鑑
 ・ 国民健康保険証…該当者のみ

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

住民福祉課 住民係
電話:0966-38-1112

町内無料電話:538-1111

内線:(102) (103) (104)