介護保険住宅改修について

2012年10月22日

介護保険住宅改修について

1.改修前

住宅改修費支給申請の前段階として、下記のものを役場健康保険課にご提出下さい。
(申請時には課税世帯・非課税世帯の確認をします。)
○地域支援任意事業サービス利用申請書(「住宅改修支援事業」の欄に○印をつけてください。)
○理由書
○住宅改修基本調査票
○計画図面
○見積書

 

2.申請から改修まで

申請により担当ケアマネージャーと連絡調整し、同行にて現場確認を行ない、PTの指導または相見積りが必要かどうかを判断します。
【PTの指導が必要と判断された場合】
○町が契約している事業所(PT)と担当ケアマネージャー・関係者・地域包括と連絡調整し、利用者・家族同席の下、指導を受けます。
○指導後、PTにより作成された方法書をケアマネージャー様にお渡しします。
 図面・見積書等を新たに提出下さい。
 (利用者が入院中で、病院のPTにより退院前の指導がある場合は地域包括に連絡いただき同行します。
その後、申請していただきます。)

【PTの指導が必要でないと判断された場合】
 地域支援任意事業サービス利用決定後、着工してください。
 着工前の写真を必ず撮ってください。

【相見積もりが必要と判断された場合】
○町が契約している事業所に相見積もりを依頼し、相見積もりを基に事業所との交渉を実施します。
  (保険者にて)
○金額が変更になった場合は見積書を再提出後、着工となります。
  (金額が変更にならなかった場合は再提出不用)
○金額変更後の見積書のコピーをケアマネージャー様にお渡しします。

 

3.改修後

改修工事終了の後、住宅改修支給申請をしていただきます。
下記のものを健康保険課にご提出ください。

○介護保険居宅介護(支援)住宅改修費支給申請書
 (償還払いと受領委任払いで申請書が違いますので、ご注意ください。)
○内訳書
○工事前後の写真(撮影日が分かるように撮影をお願いします)
○請求書(町長あてに9割分の請求書)
○領収書(写)
 (ご本人が支払った額面(償還払いの場合は全額、受領委任の場合は1割の額)の領収書の写し)

 

※受領委任払いが利用可能な対象者は、住民税非課税世帯に属する方です。その他の方については、償還払いでの申請をお願いします。

 

 

住宅改修の流れ(33.0KBytes)

住宅改修が必要な理由書.xls(62.5KBytes)

 

住宅改修基本調査票(45.0KBytes)

住宅改修費支給申請書(償還払い用)(44.5KBytes)

住宅改修費支給申請書(受領委任払い用)(48.0KBytes)

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

健康保険課 保険年金係
電話:0966-38-1113

町内無料電話:538-1111

内線:(112) (113) (114) (115) (116)