PM2.5(微小粒子状物質)の状況について

2014年2月26日

PM2.5(微小粒子状物質)とは

○大気中に漂う粒径2.5μm以下の小さなものをPM2.5(微小粒子状物質)と呼んでいる。

○PM2.5(微小粒子状物質)は粒径がより小さくなることから、肺の奥深くまで入りやすい。

○粒子表面に様々な有害な成分が吸収・吸着されており、健康影響があると言われる。

  

 

 PM2.5(微小粒状物質)の状況については、熊本県のホームページから確認することができます。次のリンク先をご参照ください。

 なお、人吉球磨地区では人吉保健所に測定局があり、監視を実施しています。

 

 

◎PM2.5(微小粒子状物質)に係るお知らせについて

  http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/43/kankyoutaikiosen.html

 

◎PC、スマートフォン版項目別時報:PM2.5(微小粒子状物質)の県内の測定結果速報値が確認できます

  http://taiki.pref.kumamoto.jp/kumamoto-taiki/index.htm

 

◎携帯電話版項目別時報:PM2.5(微小粒子状物質)の県内の測定結果速報値が確認できます

  http://taiki.pref.kumamoto.jp/kumamoto-taiki/mobile/MobileHourItemIndex.html

 

【お問い合わせ先】

 熊本県 環境保全課 電話096-333-2269

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

住民福祉課 環境係
電話:0966-38-1112

町内無料電話:538-1112

内線:(110)