家や田んぼなどの名義をそのままにしていませんか?

2014年9月2日

 

                                                      登記を放っておくと大変なことに!

 

 

                          

 

家を建て替えたいと思ったが、亡くなったおじいちゃんの名義になっていた。

 

                                                 
⇒そんな場合、不動産の名義変更をしなければ、古い建物を壊して新しい建物を建てることはできません。                                                                  

 

田んぼや畑を管理できないから売りたいと思ったが、亡くなったひいおじいちゃんの名義になっていた。

 

⇒そんな場合、名義変更するのに相続権のある全ての人(おじいちゃんの兄弟姉妹、親の兄弟姉妹、いとこ、はとこ等)の了承のもと、遺産分割協議・書類作成をし、全員から実印と印鑑証明が必要です。すべて揃わなければ相続できず、土地を売ることはできません。

 

     

    ※子どもさん、お孫さんが必要に迫られたときに、どうにもならない問題になってしまう可能性が高くなります。

   

   早めに相続登記をされることをお勧めします。

 

   登記について詳しくは、法務局や司法書士事務所にお尋ねください。

   

     また、家や田んぼの所有者・納税義務者が死亡された場合は、税務課までご連絡ください。

  

   

 

 

 

      


   

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

税務課 税務係
電話:0966-38-1114