猫の飼い方について

2017年2月24日

 私たちは日々、様々な人々と接点を持ちながら生活を営んでいます。猫を飼うということは、知らないうちに周りにいろいろな影響を与えることから、適切でない飼養を行うと、近所だけでなく地域の多くの人に迷惑を掛けることにもなってしまいます。

  飼い主は、ただかわいがるだけではなく、周りの人に迷惑をかけないようマナーを守りましょう。そして家族の一員として終生飼養するという責任感と命を預かるという自覚を持ちましょう。

 

 

【飼い主が気をつけること】

猫のトラブルの多くは、猫を屋外で自由に行動させることに起因しています。

飼い猫を屋外に放つことは、自分本意の身勝手な行為と言わざるを得ません。

 

【猫は屋内飼養が基本です】

猫は、家の中で飼えることを知っていますか?

猫は、上下に動ける空間と適度な遊び、そして何より飼い主の愛情とコミュニケーションがあれば、家の中で飼うことができます。

 

室内・ケージで猫と楽しく暮らすコツ!.pdf(37.7KBytes)

 

室内飼いのメリットには、次のようなものがあります。

1.ケガや事故から守ります。

2.病気の感染が防げます。

3.「ふん・おしっこ・いたずら」によるご近所とのトラブルがなくなります。

 

【動物が好きな人ばかりではないことを知っておきましょう】

•あなたの近所にも猫の嫌いな人はいます。

•嫌いでなくても、アレルギーなどで動物に近寄れない、触れられない人もいます。

•野良猫にエサを与えるだけの行為は慎みましょう。

 

【自分の飼い猫は識別できるように工夫をしましょう】

屋内飼養でも迷子札を着けましょう。万一屋内から逃げ出しても、あなたの大切な猫がすぐに発見されるのにきっと役立ちます。

 

【不妊・去勢手術を行いましょう】

猫はとても繁殖力のある動物です。自宅で繁殖させる計画でもない限り、必ず不妊・去勢手術を行いましょう。不妊・去勢手術により、生殖器系の病気も予防できるとともに、性格も穏やかになり飼いやすくなるといわれています。

 

【終生飼養は基本中の基本。飼う前に、10年先を考えて】

きちんと飼えば、猫は10年以上生きます。「10年後も飼い続けていられるか?」、10年後の猫と10年後のあなたのことを考えてから飼いましょう。

動物を捨てることは、「動物の愛護及び管理に関する法律」で禁止されています。終生飼養は飼い主の責務です。

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

住民福祉課 環境係
電話:0966-38-1112

町内無料電話:538-1112

内線:(110)