人吉球磨のストーリーが日本遺産に認定されました.

2015年4月24日

 

祝! 相良700年が生んだ保守と進取の文化

   ~日本でもっとも豊かな隠れ里─人吉球磨~

 

 

 人吉球磨10市町村では、文化庁が公募した「日本遺産」の認定に向けて申請を行っておりました人吉球磨のストーリーが日本遺産に、4月24日正式に認定されました。

日本遺産とは、平成27年度より文化庁が創設した「日本遺産魅力発信推進事業」のことで、地域に点在する有形・無形の文化財をパッケージ化し、我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」に認定するもの。歴史的魅力にあふれた文化財群を地域主体で総合的に整備・活用し、世界に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図ります。

 今後、人吉球磨10市町村では、上記ストーリーとそれを構成する文化財を中心にして、人吉球磨に広がる歴史文化の魅力を発信する取り組みを順次展開していく予定です。今後の「日本遺産」に関する取り組みにご期待ください。

 

~つむぐ物語~

 人吉球磨の領主相良氏は、急峻な九州山地に囲まれた地の利を生かして外敵の侵入を拒み、日本史上稀な「相良700年」と称される長きにわたる統治を行った。その中で領主から民衆までが一体となったまちづくりの精神が形成され、社寺や仏像群、神楽等をともに信仰し、楽しみ、守る文化が育まれた。同時に進取の精神をもってしたたかに外来の文化を吸収し、独自の食文化や遊戯、交通網が整えられた。保守と進取、双方の精神から昇華された文化の証が集中して現存している地域は他になく、日本文化の縮図を今に見ることができる地域であり、司馬遼太郎はこの地を「日本でもっとも豊かな隠れ里」と記している。

釈迦如来2.jpg     木造釈迦如来座像(県指定重要文化財)

 

 

 

 

 

 

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

教育振興課
電話:0966-38-4450