錦町産業連関分析システム構築によるまちづくり事業 報告会

2016年3月1日

調査による経済効果等を発表

 

 

 錦町合併60周年記念「町民発案事業」として行った、「錦町産業連関分析システム構築によるまちづくり事業」について、

淵上氏(錦町在住)を中心とするグループが報告会を行います。

 

 本事業では、錦町の農業、製造業、建設業、サービス業の222事業所へのアンケート調査と25事業所へのヒアリング調査を

実施し錦町産業連関分析システムが構築されました。

 

 今回制作していただいたシステムは、町民が身近なテーマで波及効果を試算できるツールとして活用します。

また、報告いただく産業連関に基づくまちづくり提案は、全国的の試みです。

 

 

〇報告会

 

日 時 3月6日(日)午後2時 錦町役場3階鍵室

 

    申し込み不要 参加料無料

 

参加者:上記者他、アンケート、ヒアリング協力事業者、錦町議員ほか

 

・錦町の地域社会に根ざした経済の姿の把握。

 

・地域の特性を生かした循環型のまちづくりの提案。

 

・公共投資、企業誘致、イベント等の経済効果をみる。

 

 ※錦町プレミアム付商品券についての経済効果を発表します。

 

 

【お問合せ】錦町役場企画観光課 担当:蓑田 興造

熊本県球磨郡錦町大字一武1587番地

電話 0966-381111 FAX  0966-381575

 

実施機関(事業問合せ) NPO法人くまもと地域自治体研究所

担当 淵上公典 携帯 090-9077-2811

 

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

企画観光課
電話:0966-38-4419