錦町空家等対策計画を策定しました

2016年9月6日

錦町においては、各行政区の区長を通じて、平成21年度、平成25年度及び平成28年度に独自で居住されていない家屋を空家と定義し実態調査を行った結果、平成21年度に202戸、平成25年度に185戸、平成28年度に183戸の空き家を確認しています。取壊しや再利用されている物件があったため、空家全体としては減少傾向にあるものの、平成25年度の185戸の空家のうち45戸、平成28年度の183戸の空家のうち35戸が新規で、全体の約4分の1を占めていることから、今後も減らないことが想定されます。

このため、平成275月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が完全施行されたことを契機に、空家等対策を総合的かつ計画的に実施するため、錦町の基本的な取組姿勢や対策を示した「錦町空家等対策計画」を策定しました。

 

 

錦町空家等対策計画(本文)(340KBytes)

 

 

錦町空家等対策計画参考資料(対応方針)(116KBytes)

 

 

錦町空家等対策計画参考資料(相談対応フロー図)(85.2KBytes)

 

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

企画観光課
電話:0966-38-4419