注意!!交通事故多発!!

2016年10月25日

 

注意!!交通死亡事故多発!!

 

熊本県下では、本年10月12日から10月19日にかけて、の交通死亡事故が発生し、の方が亡くなられています。

 

○交通事故の状況

 県下の本年の交通事故状況は、発生件数、死者数、負傷者数ともに減少しておりますが、高齢者の死者の割合が依然として高く、飲酒運転による

  交通事故も未だ後を絶ちません。

 

 交通死亡事故(5件発生5人死亡)の状況をみますと、

   ・夜間に多発(4件発生4人死亡)

     ・自転車、歩行者がはねられる事故が多発(4件発生4人死亡、うち高齢歩行者2人)

     ・電車と自動車が衝突する事故も発生(1件発生1人死亡)

 

○交通事故を起こさない、交通事故に遭わないために

 自動車運転者としての留意事項

  ・速度は控えめに、道路(前方、左右等)の安全を十分に確認しましょう。

  ・シートベルトとチャイルドシートの全席着用を徹底しましょう。

  ・前照灯の早めの点灯と上向き点灯を徹底し、歩行者、自転車等の早期発見に努めましょう。

  ・疲れや眠気を感じた時は、我慢せずに休憩を取りましょう。「早く着く」より「無事に着く」ことが重要です。

  ・携帯電話の使用は非常に危険です。運転中は使用せず、運転に集中しましょう。

  ・車道は自動車だけのものではありません。ゆずり合いの心でやさしい運転を心がけましょう。

  ・飲酒運転の悪質性・危険性を認識し、飲酒運転をしない、させないようにしましょう。

 

 自転車を利用する際の留意事項

  ・自転車利用者も交通ルールとマナーを守りましょう。

  ・夕暮れ時や夜間利用時には、前照灯を点灯し、明るい色の服や反射材を着用しましょう。

 

 歩行者としての留意事項

  ・夕暮れ時や夜間外出時には、明るい色の服や反射材を着用しましょう。

  ・横断は、まず止まり、左右をよく見て渡りましょう。

  ・横断中は左から来る車にも注意し、車の直前、直後の横断はやめましょう。

 

 

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

総務課 消防交通・管財係
電話:0966-38-1111

町内無料電話:538-1111

内線:(216)