高額療養費についてのお知らせ

2017年6月15日

 高額療養費について 

 

 高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月で決められた上限額を超えた場合に、

その超えた金額を支給する制度です。70歳以上の方の自己負担限度額については、今年8月から変わります。

※段階的に見直しが行われます。平成30年8月から再度変わる予定です。

 

 

 69歳以下の方の自己負担限度額

区分

所得要件

3回目まで

4回目以降

基準総所得額

901万円超

252,600+(医療費-842,000)×1

140,100

基準総所得額

 600万円超~901万円以下

167,400+(医療費-558,000)×1

93,000

基準総所得額

 210万円超~600万円以下

80,100+(医療費-267,000)×1

44,400

基準総所得額

 210万円以下

57,600

44,400

住民税非課税世帯

35,400

24,600

 

 

 70歳以上の方の自己負担限度額 (注)平成298月診療分から

区分

所得要件

外来

外来+入院

現役並み

課税所得145万円以上

57,600

80,100円+(医療費-267,000)×1% 

      ※4回目以降44,400

一般

課税所得145万円未満

住民税課税世帯

14,000

(年間上限:144,000)

57,600

      ※4回目以降44,400

低所得者 2

住民税非課税世帯

8,000

24,600

低所得者 1

住民税非課税世帯

(年金収入80万円以下等)

8,000

15,000

 

 

どの区分に該当するかについてはお問い合わせください。

 

限度額適用認定証について

入院や手術など医療費が高額になる場合、事前に役場窓口で『限度額適用認定証』の交付を受けると、

医療機関の窓口でのお支払いが限度額までとなります。

69歳以下の方については全員が、70歳以上の方については低所得者2・低所得者1の方が対象となります。

 

高額療養費の支給申請について

該当者へ案内通知をお送りしています。領収書・印鑑・通帳・マイナンバーがわかるものをご持参ください。

領収書が無い場合は、再発行もしくは支払証明書をご準備ください。

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

健康保険課 保険年金係
電話:0966-38-1113

町内無料電話:538-1111

内線:(112) (113) (114) (115) (116)