ごみの不法投棄は禁止されています

2017年7月24日

用水路、河川、空地、道路沿い、公園等 に ごみのポイ捨て行為による苦情が多く寄せられています。

 

 

錦町では、平成25年4月1日から「錦町ふるさと環境美化条例」を施行しており「ごみのポイ捨ての禁止」  「犬のフンの放置の禁止」  「落書きの禁止」

 

を制定しています。

 

 

一人ひとりがマナーを守り環境美化に努めましょう。

 

 

 

ごみの不法投棄は重大な犯罪です

 

事業活動に伴って排出される産業廃棄物はもちろんのこと、日々の生活から出る一般廃棄物であっても、廃棄物をみだりに捨てることは法律で禁止されています。

 

これに違反して廃棄物を捨てた場合には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられます。また、法人等がその業務に関し、産業廃棄物又は一般廃棄物を不法投棄した場合には、法人に対し3億円以下の罰金が科せられます。

 

 

◆ごみを不法投棄されない環境づくり

私有地内に不法投棄された場合、そのごみを捨てた者が現れない限り、土地の所有者(管理者)が処分しなくてはなりません。不法投棄をされないために、草払いなどの環境整備を行い、土地の管理に努めましょう。

 

 

◆不法投棄を発見したら

 不法投棄を発見したときは、役場住民福祉課(電話38-1112)又は人吉警察署へご連絡ください。 

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

住民福祉課 環境係
電話:0966-38-1112

町内無料電話:538-1112

内線:(110)