個人住民税の非課税限度額について

2017年11月17日

個人住民税の非課税限度額について

住民税で均等割・所得割が課税されない方                                          

 

1 生活保護法による生活扶助を受けている方

2 障害者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下の方

3 前年中の合計所得金額が、次の額以下の方

  ・扶養親族がない方・・・28万円

  ・扶養親族がある方・・・28万円×(扶養親族数+1人)+168千円

 

住民税で所得割が課税されない方                                              

   

  前年中の総所得金額等が、次の額以下の方

  ・扶養親族がない方・・・35万円

  ・扶養親族がある方・・・35万円×(扶養親族数+1人)+32万円

 

均等割・所得割非課税早見表                                                                                      

 

 早見表.jpg

 

 

※扶養親族数には、年少扶養(16歳未満)も含まれます。(配偶者特別控除対象者は含みません。)

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

税務課 税務係
電話:0966-38-1114

町内無料電話:538-1111

内線:(124) (125) (126) (127)