人的控除の差と調整控除について

2017年11月27日

人的控除額の差と調整控除について

人的控除の差とは

所得控除の中に基礎控除、扶養控除、障害者控除、寡婦控除など、自分や家族など人に関する控除のことを「人的控除」といいます。この人的控除は、所得税と住民税において控除額が異なります。

 

人的控除額の差額一覧表

 

 人的控除の差 正.jpg

調整控除とは

所得税から個人住民税への税源移譲するにあたって、所得税と個人住民税の人的控除の額が異なることによる税負担の増加を調整するために設けられたものです。

 

調整控除の計算方法

所得割の納税義務者については、その者に係る町民税及び県民税の所得割学から、それぞれ次の区分に応じた金額を控除します。

 

○個人住民税の合計課税所得金額が200万円以下の場合

次のいずれか小さい金額の町民税3%(県民税2%)

 5万円+人的控除額の差の合計額

 合計課税所得金額

 

個人住民税の合計課税所得金額が200万円超合

次のいずれか大きい金額の町民税3%(県民税2%)

➀(5万円+人的控除額の差の合計額)-(合計課税所得金額-200万円)

 5万円

 

関連ワード

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

税務課 税務係
電話:0966-38-1114

町内無料電話:538-1111

内線:(124) (125) (126) (127)