住宅耐震化の費用を一部補助します

2018年5月29日

住宅耐震化支援事業を実施します

 

 

 錦町では、今後の大地震に備え、熊本地震復興基金を活用して創設した「住宅耐震化支援事業」により、住宅の耐震化を進め、住民の皆様が、安心して住み続けられる住まいの確保を図っています。

 

 

耐震診断

耐震改修設計

耐震改修工事等

1 支援の概要

補助率:対象経費の

/3以内

(上限8.6万円)

(※1)

補助率:2/

(上限20万円)

1.耐震改修

補助率:1/2 上限60万円

2.耐震シェルター

補助率:1/2 上限20万円

3.建替え(※3)

補助率:23% 上限60万円

2 対象要件

木造戸建て住宅で、平成12年5月31日以前に着工したもの

木造戸建て住宅で、昭和56年5月末までに工事着手したもの又は罹災証明等により熊本地震で罹災したことを確認できるもの(※2)

3 H30年度

  実施予定戸数

10戸

4戸

1.耐震改修     4戸

2.耐震シェルター  2戸

3.建替え(※3)   2戸

 

※1 住宅の床面積や図面の有無などで診断費用が変わります。

※2 耐震改修設計、耐震改修工事については耐震性能が不足することが確認された場合などが対象。

※3 建替え工事対象は、全壊、大規模半壊、半壊(解体世帯)を除く。

 

 無題

 

 

◎申請手続きの流れ

 

 

(1)耐震診断

 

 1.事前調査申請…建築士事務所による事前調査、診断費用の見積(注:事前調査実施後、耐震診断事業の実施を中止された場合は、診断費用の3割をご負担していただきます。)

 

 2.補助金交付申請

 

 3.補助金交付決定後、申請者・県建築士事務所協会・診断実施建築士事務所の三者で契約。

 

 4.建築士事務所による耐震診断

 

 5.完了実績報告

 

 6.補助金請求

 

 

 

(2)耐震改修設計(耐震診断後、耐震性なしと判断された場合)

 

 1.補助金交付申請

 

 2.補助金交付決定

 

 3.耐震改修設計の着手

 

 4.完了実績報告

 

 5.補助金請求

 

 

 

(3)耐震改修工事等(耐震改修設計後、耐震改修工事等を行う場合)

 

1.補助金交付申請

 

 2.補助金交付決定

 

 3.耐震改修工事の着手

 

 4.完了実績報告

 

 5.補助金請求

 

 

 

 

 

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

地域整備課 管理係
電話:0966-38-4418

町内無料電話:538-1111

内線:(224) (225) (226)