固定資産台帳の公表について

2019年11月5日

 

 固定資産台帳について

 本町では、統一的な基準による地方公会計制度の導入を契機として、公共施設マネジメントの推進を目的として、固定資産台帳を整備しています。

 固定資産台帳とは、固定資産を、その取得から除却処分に至るまで、その経緯を個々の資産ごとに管理するための帳簿で、所有するすべての固定資産について、取得価格や耐用年数等のデータを網羅的に記載したものです。 

 平成29年度末時点を基準日として整備した固定資産台帳について、次のとおり公表します。

 

 錦町固定資産台帳データ(平成29年度末)(1.24MBytes)

 

 

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ