令和2年7月豪雨災害義援金の申請について

2020年10月20日

 令和2年7月豪雨により被災されましたことに対し、心よりお見舞い申し上げます。

 被災された方を支援するために、熊本県は、県、日本赤十字社、共同募金会に寄せられた義援金の第1次配分額を次のとおり決定しました。

 第1次配分の対象者の方(9月9日までに罹災証明書の交付を受けた方)には、錦町から申請書をお送りしていますので、早めの申請をお願いします。

 また、義援金の申請には罹災証明書が必要です。

 被災された方(床上・床下浸水等)で、まだ罹災証明書をお持ちでない方は申請をお願いします。

 

 

○配分対象及び基準額

 

被害区分   配分基準額
住宅被害
(1世帯当たり)
全壊 500,000円
半壊(大規模半壊世帯含む) 250,000円
一部損壊(準半壊世帯含む)  50,000円

(一部損壊には床下浸水等も含まれます)

 

 

○申請に必要なもの

 

 1.義援金申請書(原則世帯主の方が申請してください)

 2.罹災証明書の写し

 3.申請者名義の預金通帳の写し(通帳を開いて1ページ目の口座情報記載面)

 4.申請者の本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険被保険者証など)

 

 

○申請場所  役場 1階出納室

 

※罹災証明書の申請がお済みでない方へ

 

 役場1階税務課において罹災証明書の申請受付を行っています。

 

 

○対象となる方

 住家(居住のために使っている建物)に床上浸水、又は床下浸水の被害を受けられた方

 

 

○必要なもの

 

 1.被害状況が確認できる写真(写真がない場合はご相談ください)

 2.申請に来られた方の印鑑

 3.申請に来られた方の本人確認書類(運転免許証などの顔写真付きのもの)

 4.委任状(同一世帯以外の方が申請される場合に必要です)

 

 

○その他

 

・現在、錦町でも独自に災害義援金の口座を開設し、町内外の皆様から義援金をお寄せいただいております。

 今後、錦町災害義援金配分委員会を開催し、配分計画を決定後、対象者の方へ配分することとしています。

・支給決定通知書は送付しません。指定口座への振込をもって決定通知に代えさせていただきます。その際、通帳には「ニシキマチソウゴウフリコミ」と記載されますのでご了承ください。

9月9日までに、罹災証明書の交付を受けた方で、義援金の申請をされた方は、10月16日にご指定の口座に振り込みましたので、ご確認ください。

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

出納室 会計係
電話:0966-38-1633

町内無料電話:538-1111

内線:(142) (143)