錦町新型コロナウイルス感染防止対策強化補助金について

2022年1月19日

錦町では、町内の事業者がコロナ禍でも事業を継続できるよう、新型コロナウイルスの感染防止設備などを購入するための経費の一部を補助します。

※詳細につきましては、要綱をご覧ください。

 

 

 対象業種

 

  錦町内に事業所を有する中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者及び小規模事業者、個人事業者並びに町長が必要と認める事業者

 

 

 対象者

 

  上記対象業種のうち、次の1から3の要件をすべて満たす方。

 

    1. 錦町内に所在する個人又は法人であること。

    2. 代表者および従業員が、錦町暴力団排除条例の規定に該当しないこと。

    3. 今後も事業を継続して行う意思を有すること。

 

 対象経費

 

 令和3年8月8日から令和4年2月28日までの期間に新型コロナウイルスの感染予防対策に要した経費のうち、

 新型コロナウイルスの感染防止に有効と考えられる設備の導入及び消耗品の購入に係るもの。

 なお、他の機関や他の制度の補助を受けた経費は対象外とします。

 

  【対象例】

   ・サーキュレーター、換気扇、パーティション、アクリル仕切り板、レジ用飛沫シート、

   アルコール消毒液、マスク、フェイスシールド、非接触型検温器等の購入費用など

   ・換気設備等の改修工事費(換気能力向上を目的とした窓や網戸の設置等も可)

   このほか、新型コロナウイルスの飛沫感染や接触感染を防止するため有効と考えられる

  設備

 

  【対象外例】

   ・各種検査キットの購入に係る経費

   ・業態転換にかかる費用、広告に関する費用、振込手数料、代引手数料、

   販売促進に係る費用

   このほか、新型コロナウイルスの飛沫感染や接触感染防止を目的としない又は

  感染防止との関連性が認められない費用(例:パソコン購入費、ホームページ改修費など)

 

 補助額

  

 1店舗につき、感染防止対策に要した 経費の10分の10を補助(税抜き)※1,000円未満は切り捨て

 1店舗あたりの 上限は10万円

  ※ 補助金の申請・交付は、1店舗につき1回限り。



 必要書類
  1. 交付申請及び実績報告書(別記第1号)、事業決算書(別記第2号)、請求書(別記第6号)
  2. 設備や消耗品等の明細・支払日が確認できるもの(領収書・レシートの写し等)
    ※領収書・レシートは内訳・明細等が記載されているものに限る
  3. 設備や消耗品等の内容が確認できるもの(写真等)
    ※施設改修の場合は、改修前と改修後の写真が必要
    ※購入したものについては、全ての写真が必要
  4. 振込先口座が確認できる通帳の写し
  5. 町内に事業所を有していることが確認できる書類
    (確定申告書の写し、営業許可証の写し等)
    ※事業所の所在地が記載されているもの
 申請書等・要綱

  

(別記第1号様式)申請書及び実績報告書.doc(44.0KBytes)

 (別記第1号様式)申請書及び実績報告書.pdf(100KBytes)

(別記第2号様式)事業決算書.docx(20.1KBytes)

(別記第2号様式)事業決算書.pdf(60.3KBytes)

(別記第6号様式)請求書.doc(43.5KBytes)

(別記第6号様式)請求書.pdf(77.6KBytes)

錦町新型コロナウイルス感染防止対策強化補助金交付要綱.pdf(192KBytes)

 

 

 

 

 

 申請期間

 

  令和4年1月17日(月)から令和4年3月11日(金)まで

 

 提出及び問合せ先

 

  錦町企画観光課 地域振興係

 ℡:0966-38-4419

※「用語解説」に関するご連絡のお問合せページ

お問い合わせ

企画観光課
電話:0966-38-4419